はじめに~「山口百恵」が語るとき

百恵ちゃんが語るとき、心地よくて大好きだった

百恵ちゃんが語ったこと
芸能活動約8年間で膨大な量になると思います

その全てを聴いて記憶してる人などいないでしょう
音や文字にだって全ての記録が残っているわけではありません

レコードやカセットなどに残るもの
私の記憶に残る確かなことと思えるもの

そんな山口百恵の語りを

少し取りあげて振り返ってみたいと思います

作品を鑑賞するだけではわからない
百恵ちゃんの本質がもっとわかるかもしれない

というより
百恵ちゃんは「語り」がいいんです、とても

一人の部屋で
百恵ちゃんの曲を流して聴いているように
百恵ちゃんの語りを流していたい

流れているだけで
心地がいい

だからトーク目的で
ライブCD買ったよという人がいても
不思議じゃない

その声までは届けられませんが
大事に語られた言葉を

じっくり
辿っていきたいなと思います

◆ラジオトークに触れている記事

⇒ 山口百恵「夢のあとさき」第1回(ラジオ番組)

⇒ 山口百恵「秋桜」

⇒ 山口百恵「君に涙のくちづけを」

シェアする

フォローする