山口百恵「夢のあとさき」1980/06/15①~「横須賀ストーリー」誕生エピソード 

「横須賀ストーリー」は「宇崎竜童さんの歌をうたってみたい」という気持ちが引き寄せた大ヒット曲

◆百恵ちゃん「シングル盤を買ってきちゃったの!すごいでしょ」 

(ラジオ「夢のあとさき」は1980年4月6日から1980年10月5日までニッポン放送他から放送されました。番組開始時すでに、山口百恵さんが三浦友和さんと結婚すること、百恵ちゃんは芸能界を引退することは公表されていました。10/5最終回は「武道館ファイナルコンサート」が行われた日。)

まずはオープニングのお話から(全文ではありません)

(ラジオの百恵ちゃんトーク)

最近、あたしがよく聴いている曲。

あの、、、「もんた&ブラザーズ」っているでしょう?あの「ダンシング・オール・ナイト」っていう曲があるでしょう?あれがすごく好きでねー。それでしょっちゅう聴いてるんです、シングル盤を。買ってきちゃったの!すごいでしょう?うふふ(笑)

あの、、、でもね、今いろんな意味でちょっと打ち合わせずくめで、こう、ちょっと時間がなくてね。アルバムを聴けないのが、今の、目下のところの、一番の、「不満」なんですよねー。

だから、うーん前は意外と時間をかけてレコード屋さんにぶら~っと入って、あーでもないこーでもないってレコードを物色してた時間はあったんですけど、今、ないんですよね。

ですから、ほんとにいいアルバムがあったら、「このアルバムいいわよ」とか、「こんな歌い手さん知らないでしょ?いいんだから」とか、教えてください。お願いします。

うーんほんとは自分で足を運んで、行った方がいいんでしょうけどね。ま、残念ながらちょっと時期を待つしかないな、、、なー(笑)んていう感じです。でも、忙しい割には健康で、がんばっている、山口百恵です。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。さあ、今日も「夢のあとさき」でお楽しみください。

(【ラジオ番組】ニッポン放送「夢のあとさき」/パーソナリティ:山口百恵1980.06.15 放送より)

・「ダンシング・オール・ナイト」

百恵ちゃんがこの歌が好きだと!私は当時ラジオを聴いて「そうだろうね!百恵ちゃんが好きな感じ」と思いました。それ以来「ダンシング・オール・ナイト」を耳にするたびに「百恵ちゃんがシングル盤買いに行った曲だ」って思います。いい歌!大ヒットしました。

・「すごいでしょ、ふふふ」

何を指して「すごい」と言ってるのかな?一瞬考えちゃいますね。わざわざ買い求めに行った。ヘビロテするくらいハマってる。という意味でしょうか。「すごいでしょ」ということは、気に入ったシングル盤ってそう頻繁に買ったりしていないということでしょうね。芸能界仲間とかに「これいいよ」ってもらったり、借りたり。「彼」と一緒に聴いたりという通常パターンというものを想像してしまう(違ってるかもしれませんが)。

◆百恵ちゃん感極まって泣いてしまったサプライズ

ここから本題「横須賀ストーリー」のエピソードです

♪曲~「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」(歌:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、作詞: 阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド) 少し流れる


(ラジオの百恵ちゃんトーク)

「スモーキン・ブギ」が出たときは「おもしろい曲だなぁ~」って思ってたんです。そして、「港のヨーコ」を聞いたときはちょっとしたショックでした。一度、この歌を歌っている「ダウンタウン」のみなさんとお話しをしてみたいな、って思ったものでした。

ええ、、、あの、そのチャンスがやってきたのは、他でもない、そうですね、あたしがずっと前にニッポン放送でね、「モモモモ30分」という(笑)番組を、3そうですね2年ぐらいかな、やっていたときに。

あたしがまあ宇崎さんの歌が好きだっていうのを知っていたディレクターが、最終回の録音のときにね、宇崎さんをあたしに内緒で、ゲストとしてスタジオに呼んでくだすったんです。その時にはもう、ね、うれしさのあまり感極まってわたくし泣いてしまったんですけれども。

まあ、そうですね、それまではお話ししたこともなくって。とっても、テレビとかラジオとかそういったもので一歩引いてみているときには、ねー、リーゼントに黒いサングラスにつなぎを着てたりして、とってもなんか、おっかない感じの人だなっていうのがあったんですね。

もしかしたら、あたしたちが「あの~」なんて言ったら「バカ野郎!」とか言って怒鳴られるんじゃないかなって思うぐらい、ちょっと迫力のある感じだったんですが。実際お話しをしてみると、とっても人間味あふれる、あたたかな方だなって思いました。

でその時に、宇崎さんから「新しいLPなんで、聞いてください」って、LPをね、レコードをいただいたんです。その中に「涙のシークレット・ラブ」っていう歌が入ってまして。まあ、言ってみれば、これがあたしと宇崎さんを「曲」っていうものの中で結び付けた最初の歌だったんですけれども。

この「涙のシークレット・ラブ」を聴いて、もう理屈抜きにして鳥肌が立つっていう感じでね、すごい「ああ、いい曲だなぁ」って思ったんです。で、初めてまああたしは、自分の曲を作っていくスタッフの中に加わって、ひとつの意見としてね「宇崎さんの歌を歌ってみたいんだ」っていう話しを、うちのディレクターであったり、まあスタッフの人たちにしたわけです。

そうしましたらね、やっぱりその当時は「暴走族」とか、ちょっと「ツッパリ」っていうイメージを、宇崎さんたちからすごく感じられてた部分もあって、まあ、、、当時、自分の口から言うのもなんですが、「清純派」の、ええ(笑)、片隅に置かれていた山口百恵としては、やはりそういったイメージっていうのはどうなんだろうかってスタッフも疑問に思って。

でも、どうしても、一回でいいから歌えるチャンスを作ってもらえないだろうか、という、まあ、あたしの気持ちを聞き入れてくれましてね。で、宇崎さんに曲をお願いしたわけなんです。

で、出来上がった作品っていうか、作品が出来上がってくるまでは、ちょっとした不安と、それからちょっとした期待と、こう入り混じっててね、なんか出来上がってくるのが楽しみっていうか、こうドキドキドキドキして待っていたんです。そして、出来上がってきた曲が「横須賀ストーリー」。

ええ、ちょうどあたしは、ほとんど土曜、日曜っていうといろいろな地方のステージへ行ってるんですけもどね。その土曜日。東京を立つ朝。ええ、、、曲の資料として、歌詞を書いた紙と、それから宇崎さんがそれを歌ったテープとを、いただいたんです。

であの、車や電車の中でずっと聴いて。とにかく、初めて「あっ、自分の歌だ」そんな気がしたんですよね。あの、、、なんていうんだろうな「横須賀」っていう街がテーマになっているせいもあるんだろうと思うんですけれども、やはり、これは、ほんとに「あたしの歌だ、あたししか歌えない歌だ」って思って、すごくうれしかったのを覚えています。

(【ラジオ番組】ニッポン放送「夢のあとさき」/パーソナリティ:山口百恵1980.06.15 放送より)


・感極まってわたくし泣いてしまった

宇崎竜童さんの音楽が好き!と。この時百恵ちゃんは15歳か16歳。なにか惹きつけられるものがあったんですね。

・「バカ野郎!」って怒鳴られるんじゃないか 

「バカ野郎!」の言い方がおもしろい。百恵ちゃんはラジオで人のセリフを言うとき、すごくなりきって言うんですけど、これもビートたけしかと思うくらい感じがでてていいなと思うセリフ。

・「涙のシークレット・ラブ」

作詞・作曲共に宇崎さん。この歌を聴いて、百恵ちゃんは理屈抜きで鳥肌が立ったと。「宇崎さんの歌をうたってみたい」という思いは決定的となります。百恵ちゃんは常にアンテナを張り、自分の感性に合うものを感じとり、「これが好き」と公言する。関係者も同様で好機を逃さず行動する。そうして引き寄せた出会い。すごい才能が巡り会ったものですね。
(私もこの歌大好きです)

このあと宇崎竜童さん本人が音声で登場しますが、また次のときに。

◆まとめ

  1. 大ヒット曲「ダンシング・オール・ナイト」は百恵ちゃんのお気に入りソング
  2. 15,6歳の百恵が泣いてしまった宇崎竜童さんとの出会い
  3. 「涙のシークレット・ラブ」は百恵ちゃん鳥肌ものの大事な1曲

山口百恵「横須賀ストーリー」レコチョク

山口百恵「横須賀ストーリー」タワーレコード

こんな記事も

ラジオの続き~「横須賀ストーリー」誕生秘話を語る宇崎竜童

⇒ 山口百恵「夢のあとさき」1980/06/15②~宇崎竜童が語る「横須賀と百恵ちゃん」

少女の歌?大人の歌?ここから大きく花開いた代表作品

⇒ 山口百恵「横須賀ストーリー」

「横須賀」から快速特急で東京へ来た少女のストーリー

⇒ 山口百恵「I Came From 横須賀」

シェアする

フォローする