山口百恵ゲスト出演~幻の「パックインミュージック」7

百恵ちゃんに質問!~深夜ラジオ回想記 

◆セピア色の記憶をメモっておく 

TBSラジオ「パック・イン・ミュージック」

パーソナリティ西田敏行さん

1979年(6月頃)
水曜日(火曜の深夜1時~3時)
ある回の放送(たしか生放送)

ゲスト、山口百恵
79の質問を百恵ちゃんにするという
題して「マラソンクエスチョン79」

私(中3)はラジオで聴いていました
録音テープも毎日何度も繰り返し
ついに切れてダメになりました

音源も文字化したものも
見当たりませんので

自分の記憶の中の
確かな(と思える)ものについて
ツイッターでつぶやいていました

それを基に
ここでまとめておくことにしました

※放送の順番通りではありません
※記憶違い等あった場合はどうぞご容赦ください!

百恵語る~本とお菓子と『幻の百恵ちゃん映画』! 

22.愛読書は?

百恵「智恵子抄」

高村光太郎「詩集 智惠子抄」

百恵ちゃんが好きならと
私も読んでいました

写真は龍星閣から出版されたもの
外箱をパカっと開くと
朱色の本が出てきます

確か『もうひとつ百恵』という
ムック本の中に
朱色の「智恵子抄」を見つけて
同じ本が欲しくて買った!

「樹下の二人」

「あどけない話」

「レモン哀歌」

セーラー服着て中学校に通ってた私
授業に退屈したりすると
窓から空見て
いつか「智恵子抄」に出てくる
安達太良山を見に行くぞって

家に帰れば福島のガイドブックを
熱心に見てたな~

濃密な詩の世界を感じる
わくわくする時でした!

23.やってみたいことは?

百恵「映画で智恵子抄をやってみたい」

残念です
実現されませんでした

このQ&Aの9か月ほどあとに
百恵ちゃんは
婚約発表と引退表明をしましたから。

百恵ちゃんの
「いつか智恵子を演じてみたい」

これは嘘ではなく
女優さんとしての強い意欲と
聞こえました

他にもいろいろ質問を
受けたことでしょう

「このまま仕事続けるとして」
という役割を担った山口百恵も
確かにいたんです

引退は自分の中で決めていたが
仕事場では当然活動し続ける
姿勢と言動が必要

だから度々「正直でありたい」と
本音が出ていたのかもしれません

「しっかりこの山を超えなくては」

「皆で創りあげてきた山口百恵、
全力を傾けて仕事をした愛しい山口百恵。
これをきちんと終わらせなければ」

そんな思いで【着地点】まで
めまぐるしい日々だったと思いますが
最後の緊張、そしてその維持って
かなりしんどいときもあったはず
と勝手ながら想像いたします

「高村光太郎役」をぜひ私に!

困る百恵「え?あぁ、、、」


幻となりました↓
<山口百恵主演映画『智恵子抄』
光太郎役は西田敏行に!>

これも幻に、、、↓
<祝💛最優秀主演賞ダブル受賞!
女優賞・山口百恵、男優賞・西田敏行!>

「レモン哀歌」の話 

喜ぶ百恵「うれしいなぁ」

そんなにもあなたはレモンを待つてゐいた
かなしく白くあかるい死の床で
わたしの手からとつた一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
(後略)

「レモン哀歌」の冒頭(『智恵子抄』高村光太郎著 より)

西田敏行さんが
「そんなにも、、、」と即座に
「レモン哀歌」の冒頭を口にしたのは
「愛読書は何?」と聞いたときかも

サッと詩を諳んじる
こういう返し方大好きです

西田さんは
福島県郡山市のご出身だそうです

少し思い出したやりとり↓
————————————————–

西田さん:なんか、、、僕たち気が合いますね
百恵ちゃん:合いますねぇー(笑)

————————————————–

幻となった映画『智恵子抄』!
百恵さんは最高の智恵子役を
演じてくれただろうなと思います

主題歌も歌ってくれたはず
せめて既存の映画から
イメージを広げられるものを探してみよう

『絶唱』の中で歌われた
「木挽き唄」はどうでしょう

この声
百恵ちゃんの歌の魅力を
解き明かすには外せない歌だと
私はずっと思っていて
とても好きで、
自分でもたまに口ずさんだりします

 ◆24.お休みの日は何してる?

百恵「お菓子焼いてます」

「お菓子職人」とは
アルバム『百恵白書』に収録されている曲
(1977年5月発売)

コーヒーのお砂糖抜くくせに
苺のかわいいショートケーキが好き
行きつけのお菓子屋の壁紙は
うすいベージュに白の小花模様

(「お菓子職人」 歌:山口百恵、作詞: 阿木燿子、作曲: 宇崎竜童、編曲: 船山基紀)

個人的に、この曲には
ラジオの思い出が詰まっています

中3の新しいクラスに
仲良しになれそうな人があまりいなくて

部活は2年で辞めちゃったし
淡々と1人で学校を行き帰りしてた

帰ると自分の部屋で
百恵ちゃんのレコードを聴き
百恵ちゃんのこのテープを聞き
日記にあれこれ綴り
本を読む

これが楽しみだった!

「お菓子職人」は
ほっとくつろげて
楽しい気持ちになる歌でした

【QA】まとめ

Q:愛読書は?
A:『智恵子抄』!

Q:やってみたいことは?
A:映画で『智恵子抄』をやってみたい

Q:お休みの日は何をしてる?
A:お家でお菓子作ってます

まとめ

  1. 『智恵子抄』といえば百恵ちゃん。詩集を手に旅に出よう!
  2. 「そんなにもあなたはレモンを待つてゐた」~すぐ諳んじられる詩の一節を持っている人って素敵。
  3. 夢のまま終わった『映画智恵子抄』そういうのもあっていい。
  4. 山口百恵主演『絶唱』という映画があります。その中の「木挽き唄」はお勧め。
  5. 百恵ちゃんが手作りしたお菓子食べてみた~い!
  6. でもお菓子作りを趣味にすると、、、若干体重は増えますね(筆者体験談)
  7. 「お菓子職人」の歌のように、窓側の席でぼんやりするひとときは大切。

こちらの記事も

ラジオ「夢のあとさき」は音源から聞いています

⇒ 山口百恵「夢のあとさき」1(ラジオ番組)

昨日と今日雨が降りました

⇒ 山口百恵「雨に願いを」

シェアする

フォローする