山口百恵ゲスト出演~幻の「パックインミュージック」5

百恵ちゃん登場!~深夜ラジオ回想記 

◆山口百恵に質問を79 

TBSラジオ「パック・イン・ミュージック」
1979年(6月頃)の1回分の放送について
思い出しながら記録しています!

水曜日(火曜の深夜1時~3時)
パーソナリティ西田敏行さん(たしか生放送)

ゲスト、山口百恵
79の質問を百恵ちゃんにするという
題して「マラソンクエスチョン79」

私(中3)はラジオで聴いていました

この懐かしの記憶を
ツイッターでつぶやいてましたが

ちゃんと留めておきたくて
この場にまとめます

※放送の順番通りではありません
※記憶違い等あった場合はどうぞご容赦ください

山口百恵が答えてくれた~真摯な姿勢がステキ! 

15.奇数と偶数どっちが好き?

———————————————–

#百恵ちゃんの思い出
#西田敏行
#パックインミュージック
1979年 ゲスト #山口百恵

西田:奇数と偶数どっちが好き?
百恵:奇数
西田:奇数と。割り切れない方が好き?
百恵:割り切れない方が好きですねぇ(笑)

———————————————

百恵「奇数が好きです」

そうです
百恵ちゃんは偶数より奇数派

自叙伝『蒼い時』でもこう書いています

私は小学生時代から”17″に縁があった。
(中略)

私の生まれた日も17日である。

小さいころから、この17が私のラッキーナンバーだときめていた。
(中略)

十九歳、
思った通り、私にとっては大きな年だった。精神の分岐点とでもいおうか、とにかく私の身辺は、今までにない色づけかなされた年だった。

『スター誕生』という番組でも、奇数がついてまわった。予選が101番、テレビ予選が三番、決勝大会が十一番。予選の時、番号を見て「奇数だから、私は大丈夫だ」と思ったことを思い出す。

(「蒼い時」山口百恵著、集英社文庫、124~125pより)

たしかにラッキーナンバーですね
重要なときには「奇数」がきているみたい

・1980年3月7日、婚約発表と芸能界引退を表明

・1980年10月5日、日本武道館でファイナルコンサート

・引退時は21歳(22歳の誕生日の約3ヶ月前)

・芸能人としての活動は7年半程

16.落ち着くところはどこ?

————————————————–

(Twitter未掲載)

西田:落ち着くところはどこ?
百恵:トイレ
西田:トイレ!?(爆)

————————————————–

このやりとりは思い出したのですが
他に何を言ってたか忘れてしまった

かわいそうですね売れっ子って

17.よく聞く音楽は?

————————————————–

百恵「シャーリーバッシや、ジャニス・ジョップリン」

百恵ちゃんのおかげて
ジャニス・ジョプリンを知りました

「ムーブ・オーバー」
このラジオ放送のあと
地元商店街のレコード屋さんで
ベスト盤LPを買い
何度も聴きました
(どこかに保管してある)

それから他でまた書きたいのですが、
ジャニス・ジョプリン
「コズミック・ブルース」

この歌も百恵ちゃんが紹介してくれた
大変に好きで
ずっと私の根底に流れている曲

「Move Over」 Janis Joplin レコチョク

「Kozmic Blues」 Janis Joplin レコチョク

———————————————————

本当に山口百恵さんからは
形になってるもの、形のないもの
いろいろ教わりました

哲学者の木田元さんのご著書に
『なにもかも小林秀雄に教わった』というのが
ありますが

言い回しを拝借させていただけるなら

『なにもかも山口百恵に教わった』
と言えるかもしれません

(大袈裟ですか?)

もう一つ類似したこと言わせてもらえるなら
『座右の秀雄』鷲﨑能弘著という書物がある

書店で見つけて「秀雄とは?小林秀雄かな?」と思い
手に取ったら、そうだった!
小林秀雄をじっくり読みたいという気持ちが沸く

2冊とも素晴らしいタイトルですね!
こういう本が出るということは
『小林秀雄』
ただごとではないはずです

で、私は言いたい(表現拝借するのを許してほしい)
『座右の百恵』

おお

生涯の愛読書にしたい本ですね

※『なにもかも山口百恵に教わった』
と『座右の百恵』は現存しませんよ

【QA】まとめ

Q:奇数と偶数どっちが好き?
A:奇数が好きです

Q:落ち着く場所は?
A:トイレ

Q:よく聞く音楽は?
A:シャーリー・バッシーやジャニス・ジョプリン

まとめ

  1. 山口百恵1月17日生まれ。ラッキーナンバー「奇数」からスターは誕生した!
  2. 自叙伝『蒼い時』でも、奇数の年齢十九歳は大きな年だったと記している。
  3. 売れっ子百恵ちゃんはトイレ以外に落ち着ける場所がなかった。
  4. 真摯に気取らず【Q&A】を楽しんでくれた百恵ちゃんの仕事ぶり。
  5. ジャニス・ジョプリン「ムーブ・オーバー」、それは百恵に教わった!
  6. こんな本あったらいいな『なにもかも山口百恵に教わった』『座右の百恵』
    ~既刊の著書タイトルを謹んで拝借してみたら、しっくりきて嬉しかったということ

~こちらの記事も~

・武道館ファイナルコンサートのMCにも触れています
(ネタバレ注意)
⇒ 山口百恵「GAME IS OVER」

・西城秀樹さんに照れる百恵ちゃん、「としごろ」レコーディング秘話も

⇒ 山口百恵「夢のあとさき」2-2

・「パックインミュージック」の思い出を最初から読む

⇒ 山口百恵ゲスト出演~幻の「パックインミュージック」1

シェアする

フォローする