山口百恵「IMITATION GOLD」

◆「イミテイション・ゴールド」の別アレンジ ver. 

山口百恵12枚目のスタジオアルバム
『GOLDEN FLIGHT』(1977年8月)
最後の曲は
シングル「イミテイション・ゴールド」の
別アレンジです

「IMITATION GOLD」
歌:山口百恵
作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童
編曲:加藤ヒロシ

◆ロンドン盤の粋なおまけを一緒に歌おう 

1977年7月1日発売のシングル
「イミテイション・ゴールド」
歌:山口百恵
作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童
編曲:萩田光雄

アルバム版は
「IMITATION GOLD」(タイトル英字)
編曲:加藤ヒロシ
レコーディング in ロンドン

「やった~!」
「こんなのも聴かせてくれるの?」
「知ってる歌きた~」と

アルバムをA面から順に聴いてきたリスナーは
ここでヒット曲に出会える!
しかもロンドン録音というレア感
おもしろい特典です

エアスタジオで録音に参加しているつもりで
ロックバンドの仲間たちに合わせて
思い切り歌いましょう
旅の締めくくりですから

そういえば、
アルバムの1曲目「MADE IN U.F.O.」
作詞阿木燿子、作曲宇崎竜童 でした

旅のはじまりとおしまいだけ
同じお二人の作品
Hello、Goodbye
おさまりのいい構成

「MADE IN U.F.O.」が
遠く、懐かしく感じられます
アルバム鑑賞はやっぱり旅だ

◆山口百恵はどう歌う?「IMITATION GOLD」

イギリスで「イミテイション・ゴールド」を
百恵ちゃんはどう歌ってるの?
シングル盤の吹き込みとの違いは?

実はシングル盤の音源使ってるよ…
なんてないと思いますが
ちょっと聴き比べてみたいと思います

◆イントロと冒頭 

シャワーのあとの 髪のしずくを

乾いたタオルで 拭き取りながら

「IMITATION GOLD」
(歌:山口百恵、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:加藤ヒロシ)

シングル盤のあやしいイントロと異なり
ブルージィな雰囲気
場末のジャズバーで聴くようなピアノ
どんな観光地よりもここに来たかった!
そんな店

フレーズの頭「シャ」「髪」「乾」
なんだろうこのスリリングな感じ
決して演奏とずれてるわけじゃない(と思う)
なのに危うさにドキドキする

◆1番 

彼が窓辺で話しかけるわ

流れる雲さえ 季節の色だと

私は軽い目まいを感じ

マニュキュアの指 かざしてみるの

「IMITATION GOLD」
(歌:山口百恵、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:加藤ヒロシ)

「季節の色だと」
…ロンドン盤は「だとぉぉ」が弱く
シングルほどまわせてない感じ。
シングル「季節の」⇒なんか良い

「あたしは軽い」
…「あ」が違う
シングルの色気、あざとさ。
ロンドンは普通の「あ」だけど食い気味

「目まいを感じ」
…「感じーー」とシングルの方が
語尾の伸ばし方がかすかに長い

◆サビ 

ア・ア・ア イミテイション・ゴールド

ア・ア・ア 焼けた素肌が

「IMITATION GOLD」
(歌:山口百恵、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:加藤ヒロシ)

「焼けた素肌が」
…シングル「泣き」の山場。女性の姿。
ロンドン「泣き」少。百恵的。

◆決め 

ごめんね 去年の人と
又比べている

「IMITATION GOLD」
(歌:山口百恵、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:加藤ヒロシ)

「比べている」
…シングルの「い」が強い
(つまり「いる」をキメてる)
ロンドンはなめらかに「る~~」へ

他にも違いはあるようで
やっぱり別バージョンみたいでした
(最初から信じていましたが)

また、『シングルレコード』の
ある種の歌い方の法則が
チラっと見えた気もしました

◆にぎやかな演奏は晩餐会気分

曲の構成は…
1コーラスめ
2コーラスめ
サビ繰り返し

となっています
「2コーラスめ」終わりから
演奏のヒートぶりがすごい

ギターのかき鳴らし
キーボードノリっノリで
突っ走る

サビ「ア・ア・ア」にきて
ドラム叩き方変えて
はじけています

気分的には
ずんずん加速する感じが
この箇所

バンド野郎の音にハマります
ある意味山口百恵との対決!
素晴らしい

またSIDEA-1から
聴き直したくなりました

◆まとめ

  1. 『GOLDEN FLIGHT』最後の曲は「イミテイション・ゴールド」の別アレンジ
  2. 日本のシングル盤アレンジは萩田光雄氏。ロンドン盤アレンジは加藤ヒロシ氏。
  3. ロンドンのバンド演奏でヒット曲を歌ってくれた百恵ちゃん。スペシャルな旅のおみやげ
  4. 阿木燿子・宇崎竜童コンビ作品で始まり終わる『ゴールデン・フライト』
  5. 山口百恵の歌い方をシングル盤とロンドン盤で比較してみたら、細部いろいろ違ってて本当に別バージョンという結論に至る
  6. 「IMITATION GOLD」終盤ノリノリのバンド演奏で最後の晩餐






こんな記事も

◆阿木&宇崎コンビのアルバム1曲め。あの頃のUFOブーム

⇒ 山口百恵「MADE IN U.F.O.」

◆ラジオで語る百恵ちゃん。衣装の話、宝くじ当たったら?など

⇒ 山口百恵ゲスト出演~幻の「パックインミュージック」6

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!