山口百恵「愛のTWILIGHT TIME」

◆トワイライトの空はどんな色?

山口百恵初のロンドン録音盤
『GOLDEN FLIGHT』(ゴールデン・フライト)
(1977年8月21日発売)B面1曲め

「愛のTWILIGHT TIME」
歌:山口百恵
作詞:伊藤アキラ
作曲:浜田省吾
編曲:加藤ヒロシ

トワイライトタイム
日が傾いて
あたりが少しずつ暗くなっていくとき

ロンドンの夕暮れは
どんな雰囲気でしょう

思い浮かべてしまうのは
映画『LA LA LAND』のワンシーンのような
(アメリカですけど)
透明感のある美しいブルーかな…

◆ノリのいい「愛のTWILIGHT TIME」を聴いてみよう!

サビ始まりの
ノリのいい元気な演奏!
イントロのリフがイギリスっぽくて
意外にも楽しい系ソングです

「別れ」を歌った詞なのに
「とりあえずうちに泊まりなよ」
「家庭料理でも食べてさ」
と言ってくれるみたいな
あったかい演奏

4曲目の 「AIR MAIL」 に続いて
これも浜田省吾さんによる作曲
カラッとしたポップス
アクティブですね

「薄いブルーの夕闇が…」という歌詞
「ブルー」の歌い方が
こちらの先入観かもしれませんが
心なしかハマショーっぽく聴こえます

この曲は後に浜田省吾自身が詞を変えて
セルフカバーしています

「火薬のように」
(作詞・作曲:浜田省吾、編曲:水谷公生)

という歌で
シングル「東京」(1980.10発売)の
B面になりました

歌詞とヴォーカルが変わると
もう別の作品になるんですね

◆旅愁、そして髪型と腕輪問題

イントロで鳴り響くサックスの音色が
夕暮れの空を思わせる
その美しさと
少しの旅愁

早く日本に帰りたい…
ほんの一瞬よぎる思い
百恵ちゃんにも
こんな一瞬があっただろうか?

2番の歌詞

短い髪の毛も
腕輪もあのひとの好み

にぎわう人ごみに
ポツンと私の影がある

愛していても 愛されなくて
ひとり ひとり

「愛のTWILIGHT TIME」
(歌:山口百恵、作詞:伊藤アキラ、作曲:浜田省吾、編曲:加藤ヒロシ)

「短い髪の毛」
「腕輪」

LPレコードのジャケットを
覚えていますか

百恵ちゃんの髪は短く
右手には
蛇が巻きついた腕輪
左手にも
細いブレスレットを付けています

付属の歌詞カードの写真で見ると
右手の腕輪(バングル)は

はっきり蛇とは確認できませんが
蛇の頭っぽい三角形あり
頭も尻尾も三角形で尖っている
(尻尾が「にょろ~」となってるワケではない)

色はシルバーメインらしい

撮影直前にロンドンで調達したのかも?

まあ細部はともかく、
歌の主人公が山口百恵に近いイメージです
伊藤アキラさんの工夫でしょうか

リスナーは
「ショートヘアも腕輪も
あのひとの好み?」

「あのひとって誰だろう?」などなど
ここだけ取り上げて
思いを馳せてしまいます

◆「愛されなくて」をどう歌うかについて

ここの詞はどうでしょう

「愛していても愛されなくて」
「ひとり ひとり」

「数式」みたいにバッサリです
一方通行の愛の答えは
どうあがいても「ひとり」
まず事実を冷徹に受け入れている

日本のジメジメ気質とちがって
ヨーロッパらしさが
詞に表れている感じがしました

この数式を
どんな風に歌うのが理想だろうか?と
歌手じゃない私でも
ふと考えたくなります

「情感たっぷりに泣きを入れて歌う」
⇒これはない。

「カラッと笑顔でめいっぱい明るく歌う」
⇒これもない。

悲しげには歌わない
割り切りすぎて浮かれない
でも「そんなものだよね人生」って少し伝えたい
⇒そんな歌い方がいい

願っても願っても叶わないことってある
たくさん泣いて
ひとりぼっちから逃げて
でも結局受け入れるしかない孤独

人それぞれの経験が
自然と味わいを出していく
(なら素敵だな、、、)
と思ってしまう箇所です

山口百恵の歌い方はどうでしょう?

「愛していても」は…
え?急にささやくように
弱めてきました
古風な日本女性の如く楚々と

そして「愛されなくて」は
普通にはっきり強いです
冷静に事実確認
ほんの少しの怒りともとれる

いいですね
いい声!なおかつクールです

「ひとり ひとり」は
最初の「ひとり」は
やはりはっきり普通にいい

次の「ひとり」は
ここで迷いでも生じたのか
(気が散ったのか?)
「とり~」がやや曖昧になります

そもそも進んでは止まり
一体どっち?と言いたくなる
迷いの歌なんですね
暮れなずむ空のように

全体的には
パンチの効いた
いつもの百恵ちゃん声で
かっこいいのです

◆まとめ

  1. 別れの歌にしては楽しくあったかい演奏でノリノリサウンド
  2. 作曲した浜田省吾さんも「火薬のように」というタイトルでセルフカバーしている
  3. 間奏に旅愁を感じて早く帰国したくなるかも
  4. アルバムジャケットの百恵ちゃんを思わせる詞「短い髪と腕輪」
  5. 蛇か蛇じゃないか?百恵ちゃんと同じ腕輪(バングル)が欲しくなる
  6. 「愛されないイコール孤独」の数式にヨーロッパを思う
  7. どう歌うかでその人の人生観がでる、という歌詞がある
  8. やっぱりクールな山口百恵の声

こんな記事も

◆嫁ぐ日が近づき、「秋桜」を歌うのが辛いと言っていました

⇒ 山口百恵「夢のあとさき」1980.07.20②「秋桜」さだまさしインタビュー

◆落ち着いたヴォーカルはやっぱり百恵ちゃんの持ち味です

⇒ 山口百恵「雨に願いを」

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!