山口百恵「AIR MAIL」

◆「AIR MAIL」を聴いてみよう

12枚目のアルバム
『GOLDEN FLIGHT』(ゴールデン・フライト)
(1977年8月21日発売)の
A面4曲目です

「AIR MAIL」(エアメイル)
歌:山口百恵
作詞:伊藤アキラ
作曲:浜田省吾
編曲:加藤ヒロシ

◆どこに行こうと「山口百恵盤」だった

イントロは
力強いリズムを刻みながら
ギターが不気味な雰囲気を醸し出して
英国っぽさが漂います
カッコいい!

コーラスは
「AIR MAIL!」
「Par Avion!」
と英語で歌って間髪入れず
同じ意味のフランス語も添える

なんだろう?と聴いていると
百恵ヴォーカルが入る
「お!」
「落ち着くな~」
という感じがしませんか?

「百恵歌謡」
と、特別な愛情を込めて言うなら
その良いところが
ぎゅっとつまってて
今までそれに親しんできた私たちを
なんかホッとさせてくれる

1曲目から
「ロンドン録音盤」ということを
意識して聴いてきましたが
4曲目にきて
もう国がどこだっていい
「百恵」を聴いているんだ!と確信する

作品の配列が絶妙です

◆エアメールって出しますか?

「AIR MAIL」って
航空扱いということです

私もずいぶん昔に
イギリス留学中の友人から
ハガキをもらったときに書いてありました

返事出すときも
真似して「AIR MAIL」と書きました
慣れていないと
ちょっとドキドキするんですよね

~【日本郵便HP】をちらっと見てみました~

・「東京都」から「英国」へ手紙を出す場合
航空便だと4日
国際スピード郵便だと2日で届く

・船便は1ヶ月~3ヶ月程度

エアメール速いっ
なんか逆に船便送ってみたくなりました(どこへ?)

◆旅先で書いた明るいエアメール

百恵ちゃんの「AIR MAIL」
歌い出しは

手紙を書いてるホテルの窓に
近づく夏の光が揺れます

あなたと別れたあれは三月
花屋の窓が明るくなる頃

「AIR MAIL」
(歌:山口百恵、作詞:伊藤アキラ、作曲:浜田省吾、編曲:加藤ヒロシ)

「手紙を」で始まる
明快!

イメージするのは…

ロンドンの宿にて
ホテルのロゴ入りの便箋に
あなたへ
エアメイルを
書いている場面

今、窓の向うには
初夏の光があふれてる

別れは
花屋に色とりどりの花が並ぶ
春でした

いかがでしょう
別れの歌なのに
光が満ちて
色彩があふれている

「季節は変わった」と
身体で感じて
思い出と決別
前を向いていく「わたし」

こういう別れ、いいですね。。。
百恵ヴォーカルは
伸びやかで
淡々と
絶妙に悲しみをたたえて
丁寧に歌っています

じぃんとあたためられる歌
いつしか明るい気持ちになっているはず
ぜひ聴いてみてください

したためられた「AIR MAIL」は
そのあとどうなったのか?
……聴けばわかります
(真似してはいけません)

◆初めて山口百恵に曲を書いた浜田省吾

曲、ハマショーだ!
と思う方も多いはず
偉大な日本の
シンガーソングライター
ロックミュージシャンです

浜田省吾が
山口百恵に曲を提供するのは
このアルバムが初めてで
一気に3曲担当しています

「AIR MAIL」
②「愛のTwilight Time」
③「Portbelloの銀時計」

全て作詞は伊藤アキラさん
伊藤&浜田コンビです

「AIR MAIL」は
詞も明るさが溢れていますが
メロディも
とてもポジィティブな感じがします

青空が広がるところで
大きく両手を広げ
深呼吸
そんなイメージ

浜田省吾さんいいですね
本人が歌ったらどんなかなぁと
思って聴くと
うっすら幻の声が聴こえてきます

◆百恵ちゃんに作った曲は全部で7曲

百恵ちゃんのために作った曲は
伊藤アキラ作詞…7曲
浜田省吾作曲…7曲
あるそうですか

あと4曲はどれなんでしょう?


百恵14枚目のアルバム
『COSMOS(宇宙)』

……「宇宙旅行のパンフレット」
作詞:伊藤アキラ、作曲:浜田省吾、編曲: 萩田光雄)

……「銀色のジプシー」
(作詞:横須賀恵、作曲:浜田省吾、編曲:萩田光雄)

……「時の扉」
作詞:伊藤アキラ、作曲:北野弦、編曲:萩田光雄)

百恵18枚目のアルバム
『L.A. Blue』

……「Back to Back(背中あわせ)」
(作詞:篠塚満由美、作曲:浜田省吾、編曲: B. Fasman)

……「Dancin’ in the Rain」
(作詞:横須賀恵、作曲:浜田省吾、編曲: B. Fasman)

百恵20枚目のアルバム
『メビウス・ゲーム』

……「のぞきからくり」
作詞:伊藤アキラ、作曲:梅垣達志、編曲: 萩田光雄)

……「テクノ・パラダイス」
作詞:伊藤アキラ、作曲:梅垣達志、編曲: 萩田光雄)


7曲ずつ見つかりました

その中で
「伊藤&浜田コンビ」による作品は
4曲ということになります

◆まとめ

  1. ロンドン盤4曲目にして「百恵歌謡」にホッとする
  2. 世界のどこで歌っても「山口百恵の世界」だ
  3. 「AIR MAIL」は旅先で元恋人にエアメールを書く歌
  4. 光満ちて色彩にあふれた別れの歌。メロディもポジティブで気持ちが明るくなります
  5. エアメールはあなたに届いたのか?聴けばわかりますが、、、
  6. 浜田省吾さんが百恵ちゃんに初めて曲を書きました
  7. 百恵全作品中「伊藤アキラ作詞7曲・浜田省吾作曲7曲」あり。その内「伊藤&浜田のエアメールコンビ」は4曲


こんな記事も…

◆明るくてウキウキしてるような片思いの曲

⇒ 山口百恵「涼やかなひと」

◆ラジオで語る百恵ちゃん、オープニングが明るくていい

⇒ 山口百恵「夢のあとさき」1980/04/27ドラマ「顔で笑って」

シェアする

フォローする