山口百恵「MADE IN U.F.O.」

ゴールデン・フライト』を鑑賞してみよう

◆ロンドン録音盤『GOLDEN FLIGHT』の1曲目「MADE IN U.F.O.」

「MADE IN U.F.O.」
歌:山口百恵
作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童
編曲:加藤ヒロシ

12枚目のアルバム『ゴールデン・フライト』
(1977年8月21日発売)の
A面1曲目に収録されています
※ジャケット表記は『GOLDEN FLIGHT』

日本を抜け出して
ロンドンへ飛んだ!

イギリスのミュージシャンたちの演奏で
歌った!

山口百恵初の海外録音盤

レーベルもフライト気分を盛り上げます

スタジオについて
LPジャケット裏面に書いてありました

ちょっとカタカナ化します



【Recorded at】

The Jackson Recording Studios(イングランド)
 リズムトラックス&ギター ダビング

Air Recording Studios(ロンドン)
 ヴォーカル、バッキングヴォーカル ダビング 

CBS SONY レコーディングスタジオ(東京)
 ミキシング
オンキョウハウス(東京)
 ミキシング

(アルバム『GOLDEN FLIGHT』ジャケットより)


つまり、百恵ちゃんの歌声は
ロンドンの「エア・レコーディング・スタジオ」で
吹き込んだよ~、ということらしい

エア・レコーディング・スタジオってどんなところ?
とネット検索すると

「教会を改築した」という
ものすごく立派な建物が出てくるのですが
これは1991年にハムステッドに移転した方の建物のようで
(Air Studios ホームページより)

百恵ちゃんのレコーディングは
1977年ですから、移転前
ロンドン市内中心部にあった
その跡地は、、、?(調査中)

とにかく
私は日本国内でこのアルバムを買い
自室にこもって開封しました

「海外だ!海外だ!」と旅気分
ロンドンの空気を山口百恵と共に吸いたい!
期待いっぱいで針を落としたのです

◆期待通りのいかした英国的ノリ

威勢のいいイントロ
特にドラムが入ってくると
バンドらしい手作り感があふれる

かっこいいというより
いかしてると言いたくなります

イントロでは男性の短いささやき声が、、、
なんて言っているのか歌詞カードにありました


Look at the sky baby.
 you’ll never know
  may be it’s a U.F.O.

「MADE IN U.F.O.」(歌:山口百恵、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:加藤ヒロシ)

バンド全体が
男っぽい音に聴こえてくる

そこに
山口百恵のエコーのきいた
ボーカルが入ると
女らしさが際立って響く

どうなるんだろうと聴いていると
演奏と歌
息がぴったり合っていて
「百恵 in LONDONだー!」と

「♪MADE IN U.F.O.と歌うところ
「えふおー!」
と投げ捨てるように言ってます

もう日本に戻ってこないんじゃないかと
心配になるほど
ロンドンの空気に入っている
(本質はいつも通りの山口百恵なのは重要)

キーボードの連打
弦をはじく音
金管楽器
楽しんでる風であり、
きっちり仕事してる感じがする

明るく開放的な
スタジオの光景が
浮かんでくる音です
(本当はどうか知りませんが)

◆タイトルどういう意味?

「Made in JAPAN」なら
⇒「日本製」

「Made in U.F.O.」は
⇒「U.F.O.製」
空飛ぶ円盤で作られた製品?

この曲では
「あなたこそメイド・イン・U.F.O.」
歌っています

「あなた」って…
宇宙のどこかから飛ばされた
飛行物体で地球にやってきた
宇宙人なんじゃないかしら

SF的発想が時代にマッチしていました
「U.F.O.星人!」と
言い放つ感覚の斬新さ
しゃれたジョーク

3コーラスあって
6分近い長めの演奏時間ですが
全編ノリと情景のおもしろさ

その中心には
ヴォーカルの力というか
揺るぎない「山口百恵」が立っている

百恵withバンドに身を委ね
日本の小部屋から
別世界へ飛ぶ、それでOK
という感じの1曲目です

◆UFOを歌った歌といえば?

UFOを歌った歌謡曲は、、、?
ピンク・レディーの「UFO」!


(発売順)

1977年8月21日…山口百恵「MADE IN U.F.O.」(作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:加藤ヒロシ)

1977年9月5日…ピンク・レディー「ウォンテッド(指名手配)」(作詞:阿久悠、作曲・編曲:都倉俊一)

1977年10月1日…山口百恵「秋桜」(作詞・作曲:さだまさし、編曲:萩田光雄)

1977年12月5日…ピンク・レディー「UFO」(作詞:阿久悠、作曲・編曲:都倉俊一)


山口百恵のUFOの方が先だった!
「あなたは地球人じゃない?疑惑」
を歌った。
純粋な心を持つマイペースな「あなた」像

ピンク・レディー「UFO」は
「地球人じゃない疑惑。本当でもいいわ」
「地球の男に飽きたから」
と積極的に受け入れる
奉仕型でどこか無機質な印象の男像

「UFO」はシングル曲ですから
大衆が「えっ?」と驚く世界観は最高です

どちらも両アーティストの個性(セールスポイント)が
活かされた詞の世界だなと感服いたします

「MADE IN U.F.O.」にも「UFO」にも出てくる
共通ワードは…?

「あなた」「もしかしたら」
「オレンジ色の光」 

オレンジ色の光が…
「横切った」と、阿木さんの詞
「私をつつみ」と、阿久さん
距離が一気に近づいてる!(驚愕)

「UFOブーム」というのが起きたのは
やっぱりこの頃(1970年代後半)だったようです

1970年代後半に日本でUFOブームと呼ばれる現象が起きた。

ピンク・レディーの楽曲「UFO」をはじめUFOを題材にした多くの派生作品が作られ、社会現象としてUFOが流行になった。(中略)

1978年に映画『未知との遭遇』が日本公開されると、そのブームは頂点に達した。フィクションのテーマとしては大変面白いので、多数の作品が製作されヒットした。(中略)

同時代に日清食品は「日清焼そばU.F.O.」と命名した即席焼きそばを発売し、現在まで販売し続けている超ロングセラーとなった。

(「未確認飛行物体」Wikipedia、「UFOブーム」の項目より引用)

ちなみに「UFO」とは、、、
未確認だけに、全部が全部「宇宙人の乗り物」を意味するわけではないです。自然現象だとかいたずらも入ってくる。そうなると小賢しい小学生なんかは「MADE IN U.F.O.」や「UFO」を聴いて、理詰めにツッコミ入れるかもしれません(無視しましょう)。

◆(筆者)中学の思い出、1977年SFブーム

私が「MADE IN U.F.O.」を聴いた中学1年生の頃

思い出すのは、、、星新一作のSFショートショート!

学校でも一番人気の作家でいろいろ読みました。休み時間には友達と星新一の話題。どれが怖かったとか、おもしろかったとか。内容を語ってもらって夢中で聴いたりしました(短いから休み時間にできちゃう)


ようこそ地球さん (新潮文庫)


ノックの音が (新潮文庫)

放課後、みんなで校庭に出て真剣に「UFO」を探したこともあります。不思議系に敏感な(テレパシーが強い)女子がいて、彼女が「今日UFOきっと見える」と言った日、数人で集まって空を仰いで待ったのです。

「おう、なにしてる?」と男の先生が声をかけてきて、「先生!UFO、見えますよ今日!」とみんな目を輝かせて言う。なんだかんだ先生も気にかけて空を仰いだりして。「見つけた?」「あっあれかな」等々。

結果がどうだったか、、、?は語りませんが。大人になるとなかなか経験できない。さびしいです。

あの日の空は信じられない深いブルーでした

◆まとめ

  1. 『GOLDEN FLIGHT』は初めての海外録音盤。ロンドンで歌いました
  2. いかしたバンド演奏と息の合ったヴォーカル。リスナーも旅行気分
  3. 「メイド・イン・ユー!えふおー!」の投げ捨てる感じ!カッコいい
  4. 「空飛ぶ円盤でやってきた宇宙人」という意味?シャレています
  5. 6分間のノリのいい演奏。中心には揺るぎない「山口百恵」あり
  6. UFOソングはあの曲より百恵ちゃんが先だった!1977年8月「MADE IN U.F.O.」山口百恵。同年12月「UFO」ピンク・レディー
  7. やっぱり!1970年代後半、日本で「UFOブーム」が起こっていた
  8. 「MADE IN U.F.O.」にも「UFO」にも出てくるワードは…『オレンジ色の光』
  9. (筆者思い出)中学1年「MADE IN U.F.O.」を口ずさみ、星新一作SFショートショートにハマっていた
  10. (筆者思い出)中学1年「MADE IN U.F.O.」を口ずさみながら、校庭でUFO出現を待ちました

こんな記事も

◆ラジオで「17才でロンドンに行った」と。三浦友和さんゲスト出演の回です!

⇒ 山口百恵「夢のあとさき」1980/06/08 ゴールデンドラマ「赤い疑惑」

◆ラジオ回想記。百恵ちゃんはジャニス・ジョップリンを聴いていた

⇒ 山口百恵ゲスト出演~幻の「パックインミュージック」5

シェアする

フォローする