山口百恵「鏡の中のある日」

百恵さまの朝のお目覚めシーンをそっと覗いてみよう

「鏡の中のある日」
歌:山口百恵
作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童
編曲:船山基紀

アルバム『百恵白書』
(1977年5月発売)の
A面2曲目に収録されています

◆ガラッと変わって静けさの世界へ~今度はなにが?

アルバム最初の曲
「I Came From 横須賀」

イントロが耳に飛び込んできた瞬間
「やったー!」と叫ぶカッコよさ!

横須賀の海、潮風を
サーッと走り抜けていく臨場感に
鳥肌が立つ

そんなノリのいい歌でした

今度の曲はガラッと変わります

動から⇒静へ
このギャップに
今度は何?って聴き入ってしまう

レコード針が
音のない溝をなぞる
わずかな静けさのあと

「鏡の中のある日」

小さな宝箱を開けたみたいに
クリスタルな音色が
やさしく響いてくる

かわいらしくて
ファンタジック

シャリリーンと
ウィンドチャイムの音がして
百恵ちゃんが歌いはじめます

キーボードと
ヴォーカルだけ

目覚めたばかりの
ぼんやり感を包んで
静かな始まりです

◆みんな口ずさんでいる!宇崎メロディーに捨て曲なし

始まりのほぼ独唱パートの歌詞は、

目が覚めてから 30分ちかく

どうしてもだめ ぼんやりしちゃう

薄めのコーヒー ゆっくり飲んで

鏡に向かい 小さなあくび

「鏡の中のある日」より
(歌:山口百恵、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:船山基紀)

「低血圧で朝は弱い」と
言っていた百恵ちゃんの
リアルな朝のイメージでしょう

「ぼんやりしちゃう」の歌い方がいい

この歌を知っている百恵ファンなら
朝起きたとき
口ずさんでしまうこと
よくあるんじゃないでしょうか?

日常のありふれたシーンだから
使い勝手のいい歌です!

でも決して小品だからと
手抜きなどしてないです

上記に引用した歌詞部分の
メロディーだけでも

百恵白書と言うだけあって
百恵ちゃんの姿のように
凛としてきれい

宇崎さんの旋律いいなぁ

だからこの歌は存在感があって
いつまでも聴き手に愛されている
と思います

◆朝の小さなミュージカル!暮らしを楽しむ日本人です

「鏡の中のある日」は
私もよく口ずさんでいます

家族が起きてきて
無言で食卓に座ってたりすると
聴かせるともなく歌い出す
「目が覚めてから~~」と

それはオハヨーの挨拶代わり

こうして日常をちょっとだけ
ミュージカルにする!

いいと思いませんか

陽気な18才「百恵流仕事の取り組み方」とは?

◆百恵に密着!ここからがおもしろい

導入部分の
ヴォーカルが終わると、、、

ドラム
ギターが入ってきて

『始動!』
とばかり
活気づきます

歌全体の内容は、

目が覚める

コーヒーを飲む

車で移動

仕事

インタビュー

待ち時間

帰宅

お化粧落とし
レコード鑑賞

就寝

あっさりしたタイムテーブルの中に
ファンたちが知りたいこと
いろいろ詰まっています

脚色したこと
本当のこと
混ざっているかもしれませんが
想像を巡らせて歌詞をたどりましょう

◆百恵ちゃんの発言!はぐらかしだってあるよね

この曲の歌詞を読んで、
たぶん最初の中学1年の時も
そうだったと思うのですが

『インタビューの答えを
その時々変えてケムに巻く』
というのは本当だろうなと信じました

どうしてそう思ったのか、、、
用心深い自分の性質のためか、、、
わかりませんけど

毎日、数多くの質問を受けていて
いつでもきっちり整合性のとれた回答って
できないんじゃないだろうか?と

はぐらかしだってあるよねと

例えば「納豆のサンドイッチ」は
おいしいと思うか?とか
ささいなことですが

◆山口百恵を描き出す阿木燿子さんのすばらしさ

3コーラスめに
「待ち時間はひとりがいい」
なんていう言葉があります

百恵ちゃんは
「ずっと一人でいても苦にならないタイプ」
ラジオでいつか言っていました

わかるな
わたしもそう
中学の頃からそう
って、ちょっとした共通点が嬉しかった

その後の歌詞がいいんです

昨夜の雨が残していった

水たまりには陽炎ゆれる

「鏡の中のある日」より
(歌:山口百恵、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:船山基紀)

詩人はこんな風に
美しいものをちゃんと見つける

阿木さんの美意識とも言えるし
百恵ちゃんが
「ひとりの時」を大切に過ごすからこそ
発見できる美とも言える

車の中のシーンでは
道が渋滞していたからこそ
バックミラーに「朝日」を見つけていました

日常のどんな場所にあっても
みずみずしい感性は
なくさないでいたい

気持ちを豊かにします

◆「鏡の中」は幻、そして謎

「水溜り」に揺れる陽炎
って、捕まえることのできない幻です

「バックミラー」の太陽も
そこに実体はない

朝と眠る前に覗く「鏡」も、、、
そこには「百恵の素顔」が写っているけど
素顔さえ
映された幻影

百恵ちゃんは
「向うの世界」を見ては
なにかを発見し
現実(仕事)の合間にホッと一息
救われている

そしてそんな山口百恵自身も
「向うの世界」から私たちに
姿を見せ
実体の全貌はつかませてはくれない

実体がチラリ
幻影がチラリ

これははぐらかしでしょうか?
追いかければ逃げていき
諦めると微笑みながら近づいてくる

阿木さんは
「こういうのが一番すてきでしょ」と
言っているのかなって気がします

明るいアレンジ!ノッてる百恵のリア充そのもの

◆船山基紀さんのアレンジ

「鏡の中のある日」の演奏を
よく耳で追っていくと

「I Came From 横須賀」から引き継いだ
ファンキーなノリと
おしゃれ感
それから昭和のあたたかさ
をとても感じて感動しました

百恵ちゃんがセリフを言うところ
「好きな言葉、愛」と
伸ばして歌うところも、

なんかめちゃくちゃファンキーな
キーボードが入っていて
陽気なノリが続く

日々仕事をこなす
充実した山口百恵の「喜び」をも
表現しているようで
明るい!

◆一日を終える百恵ちゃんの思い

寝る前にもう一度
朝と同じフレーズを歌います

「鏡に向かい小さなあくび」

百恵ちゃん
就寝前ヴァージョンのこのフレーズは
朝のねむそうな言い方とは違い

丁寧に本を閉じていくように
一日を終えた感慨をこめている
そんな風に聴こえてきました

そして最後に
「好きな人はあなた」を
3回繰り返します

2回めの終わり
ポ~ワポ~ワポ~ワって
謎音(スチールギター?)が入って

「あなた」と歌うと、、、

アコースティックギターと
百恵の声だけになって3回め

おもしろいです

再び演奏はフルになって
スパッと終了

さすがのファンも
ここで歌う「あなた」が
自分のことだとは思いません
(「I Came From 横須賀」とは違って)

「あなた」
だれなんだろう?
謎でおしまいです

「鏡の中のある日」まとめ

  1. アルバム『百恵白書』の2曲目です
  2. 朝起きたてのシーン。静けさ、旋律がとってもいい
  3. 朝コーヒーを飲むあなた、この歌を絶対覚えて歌って!
  4. この歌で日常をミュージカル仕立てにして楽しもう
  5. 山口百恵一日のタイムテーブル公開!
  6. 「百恵ちゃん、好きな花は?色は?」はぐらかしもあるかも
  7. 美しいもの見つけた!詩的な感性を大切にしたい
  8. 実体と幻影がチラチラと、人はみなそんな風に生きている
  9. 船山基紀氏のアレンジがカッコいい!必聴!
  10. 演奏のノリノリ感、明るさは「百恵のリア充」を表現していた

こんな記事も

納豆のサンドイッチはおいしい!と百恵

⇒ 山口百恵ゲスト出演~幻の「パックインミュージック」2

『百恵白書』のために阿木さんが百恵に同行取材したという

⇒ 山口百恵「I Came From 横須賀」

シェアする

フォローする