山口百恵「陽炎」

「陽炎」は自分だけの卒業ソング

百恵ちゃんの「陽炎」という歌、最後の歌詞はこうです

今振り向けば さよならがとてもつらくなる

だから だから このままゆくの

だから だから このままゆくの


「陽炎」
歌:山口百恵、作詞: 阿木燿子、作曲: 宇崎竜童、編曲: 船山基紀

卒業シーズンに聴いてみたいと思いませんか

アルバム『横須賀ストーリー』の1曲目です

私は小学6年のとき「陽炎」を聴きました
歌っている百恵ちゃんは17才

眩しい若さがまっすぐに描かれている、そんな風に感じました
歌詞にはないですが、教室や先生、友だち、木々の緑を思い浮かべてしまいます

この歌に「あなただけの思い出」をたくさん閉じ込めて
大切な宝物にしてほしいなと思います

「陽炎」のイントロ、百恵の語り

イントロでもう惹きつけられて
ちゃんと聴かなきゃ、と姿勢を正してしまいます

卒業式という別れの場面では
主人公たちは正装して、深呼吸をひとつして
セレモニーの幕が上がるのを待つ

だから聴き手も背筋をまっすぐ伸ばしたくなるのでしょうか

イントロに続いて「百恵ちゃんの声」が淡々と語りはじめます

若さが眩しい そう言いましたね

だから追わずにいます

「陽炎」
歌:山口百恵、作詞: 阿木燿子、作曲: 宇崎竜童、編曲: 船山基紀

百恵ちゃんのセリフは本当にいいですね、
究極のホッとする場所と呼びたい

10代の青春を、美しいフレーズを
演奏に心地よく乗せて
大事に大事に伝えているのがわかる

声質、間、抑揚、意味づけ
生きた言葉が紡がれ、その唯一無二の百恵ワールドに
たちまち放り込まれています

別れなのに、泣かずにいるせつなさ

別れのまさにその時を切り取った一場面です

今このリアルなきらめきは、やがて消え
思い出になってしまうのだと知っている

青春って通り過ぎるものだからね

通い慣れた教室や、好きだった人のもとから巣立って
その先に向かって進まなければいけない
せつなさいっぱいの歌です

「ずっと ずっと」
「だから だから」

ゆっくり繰り返される言葉や、同じ高さの音が続くアレンジ
一歩ずつ足取りを確かめながらここを過ぎようとしている
少女の健気な姿勢が見えてくるようです

百恵ちゃんの歌い方は決して感傷的すぎることなく明るい
そのバランスがちょうどよくてハマっていくんです
もはや健気な少女ではなく、女性の澄んだ精神性が!

だから私はこの曲が好きなのかもしれません

何度も聴きたくなる曲です

まとめ~「陽炎」のポイント

・自分だけの「卒業ソング」がまた1つ増えるよ

・青春の思い出を保存するタイムカプセル曲

・アレンジが地味にいい

・百恵のセリフはスペシャルですごくいい

・泣かずにいるせつなさに共感

・澄んだまっすぐな精神を感じよう

「陽炎」についての私の思い出は別で記載しました
こちらです⇒ 山口百恵「陽炎」の私的メモ

シェアする

フォローする